ニュース

中国・広州市における鋼材加工センターの設立について

2005.08.30

JFE商事株式会社
 JFE商事(社長:佐藤 脩)は中国で5社目、華南地区において2社目となる鋼材加工センター「広州川電鋼板製品有限公司」(以下「広州川電」と略)を広州市番禺区に設立いたしま した。広州川電は2006年6月の稼動を予定しており、電磁鋼板・表面処理鋼板・自動車用鋼板等の薄板類の加工・販売を中心に、2007年には鋼材年間加 工量7万トンを見込んでおります。
 
 新設の広州川電は、1994年に広東省広州市近郊の同省東莞市に設立した東莞川電鋼板製品有限公司 (以下「東莞川電」と略)の商権を一部継承する形でスタートし、東莞川電との一体経営を図ってまいります。東莞川電では1994年の創業以来、設備増強に より加工能力を拡大してまいりましたが、IT・OA・電機を中心とする華南地区の需要拡大に対応するため、新たな鋼材加工センターが必要であると判断いた しました。広州川電の設立により、華南地区の鋼材加工能力はほぼ倍増の20万トンとなり、中国全体で41万トン体制となります。

 JFE商事が海外に展開する鋼材加工拠点は、中国の5社に加え、シンガポール、台湾、タイ、マレーシア、インドネシア、フィリピン、メキシコと合わせて、全体で12社となります。

■新鋼材加工センター「広州川電鋼板製品有限公司」の概要

英文社名 GUANGZHOU JFE SHOJI STEEL PRODUCTS CO., LTD.
所 在 地 中華人民共和国広東省広州市番禺区石楼鎮
設 立 2005年8月
資 本 金 10,000千米ドル
出 資 JFE商事50%、正広達(JFE商事海外子会社)50%
総投資額 約25億円
董 事 長 土屋 多加雄 就任予定(兼 東莞川電鋼板製品有限公司 董事長)
従 業 員 約100名
事業内容 電磁鋼板、表面処理鋼板、自動車用鋼板等の加工
(スリット、レベラーシャー、プレス加工等)、および販売
規 模 (1)土地 : 約60,000m2
(2)建屋 : 約10,500m2
主要設備 スリッター、レベラー、プレス等の加工設備など
加工能力 7,500トン/月
加 工 量 2006年(初年度) ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 30,000 トン/年の予定
2007年 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 70,000 トン/年を見込む

【ご参考】
JFE商事 中国の鋼材加工拠点

地区 場所 社名 年間加工能力
華北 青島

青島川電鋼板加工有限公司

4万トン
華東 平湖

浙江川電鋼板加工有限公司

12万トン

江陰

江蘇川電鋼板加工有限公司

5万トン
華南

東莞

東莞川電鋼板製品有限公司

11万トン
広州

広州川電鋼板製品有限公司(新設)

9万トン
合計 41万トン

●本件に関するお問い合わせ先
JFE商事株式会社 総務部広報室 栂(とが)TEL:03-5203-5055