BUSINESS DOMAIN

事業紹介

事業紹介

鉄鋼事業国内鉄鋼事業

  • 鉄鋼事業,国内鉄鋼事業
  • 鉄鋼事業,国内鉄鋼事業
  • 鉄鋼事業,国内鉄鋼事業
  • 鉄鋼事業,国内鉄鋼事業

日本の基幹産業に必要不可欠な
鉄鋼製品を供給する。

国内の造船、自動車、電機、重機、建設資材や産業機械など、基幹産業の製品作りに欠かせない、鉄。JFE商事は、世界有数の鉄鋼メーカーJFEスチールをはじめ国内外の製鉄会社が生産する鉄鋼製品を、様々な業種の顧客に販売しています。取り扱っている製品は、建物、橋梁などに用いる「厚板」、自動車や家電、缶詰など用いる「薄板」、生活関連物資にも用いる「ステンレス」、油井管やラインパイプといったエネルギー分野にも不可欠な「鋼管」、インフラの基盤整備に欠かせない建築・土木用の「H形鋼」「丸棒」、など多岐にわたります。
JFEグループの中核商社として、JFEスチールの製品開発や生産状況と密接にリンクした流通体制を構築する一方、国内20カ所に独自の鋼材加工センター(コイルセンター)を展開し、高付加価値製品を、様々な業界の顧客に提供しています。例えば自動車であれば、鋼板をそれぞれの車種ボディー用に加工するブランキング事業、造船であれば船体ブロックの一貫加工事業など、顧客のニーズに合わせて加工販売する「サプライチェーン・マネジメント」を確立しています。

JFE商事は、これまで社会に貢献し続けてきた経験と自負を持って、ビジネスの最前線で勝負しています。

COLUMN
角形鋼管販売・加工会社のグループ化で
建材事業のサプライチェーン・マネジメントを強化
鋼材加工販売事業において実績のある大手企業をグループ会社化。これにより、建築構造用材である角形鋼管の販売・加工拠点の体制が強化されました。同社の販売力とJFE商事グループ販売網が連携強化され、より高いシナジーが発揮されています。東京オリンピックに向けて高まる建築構造用鋼材の需要も確実に捕捉していきます。

国内鉄鋼事業

鉄鋼事業海外鉄鋼事業

  • 鉄鋼事業,海外鉄鋼事業
  • 鉄鋼事業,海外鉄鋼事業
  • 鉄鋼事業,海外鉄鋼事業
  • 鉄鋼事業,海外鉄鋼事業

世界36ヵ所、95社にネットワークを展開。
積極的なグローバル展開を推進しています。

JFE商事は、世界各地で鋼材や加工製品の輸出をはじめとして貿易事業、プラント建設やM&Aなどの海外プロジェクトや事業を積極的に推進しています。ヨーロッパやアメリカ、アジア、オーストラリアなど世界36ヵ所、95社を超える事業拠点を展開し、安定した製品供給を実現する一方、世界各地の鉄鋼事業に関わる情報をリアルタイムでつかみ、顧客にフィードバックする、情報機関としての役割を担う体制も整えています。
私たちの強みである海外の鋼材加工センターも、1975年のシンガポールの「Kawarin Enterprise」の設立に始まり、現在では世界各国に展開しています。顧客企業の最終製品に近い2次・3次加工を施し、日系の電機・自動車メーカーや現地企業に向けて、電磁鋼板や自動車鋼板、ステンレスなどの製品を、高度な品質管理体制のもと最適なタイミングで供給しています。
海外プロジェクトはマレーシアでの食品缶詰用ブリキ原板、中国の鋼材需要をキャッチアップするための冷延鋼板メーカーへの出資、タイにおける自動車生産拡大に対応する加工センター設立、アメリカで100年以上の歴史を誇る大手鋼管問屋「Kelly Pipe」社の買収など、世界各地で多種多彩なプロジェクトや合弁事業を推進しています。今後も、海外拠点を中心にJFE商事のグローバルビジネスは積極的に展開される見込みです。

COLUMN
ミャンマー初の建材向け
溶融亜鉛めっき事業を開始
ミャンマー初の高級分野向けの溶融亜鉛めっき鋼板事業を開始するため、現地に事業会社「JFE MERANTI MYANMAR」を設立しました。
建材用鋼板分野において、高品質できめ細かなサービスを提供することで、2011年の民主化以降、飛躍的に発展を遂げるミャンマーの需要を着実に捕捉する狙いを持って、JFE商事は世界に挑戦します。
ベトナム鋼板メーカーへの出資
鋼材見掛消費量がASEAN各国の中でも最大規模で今後さらに拡大する見込みのあるベトナムに着目し、大手加工メーカーに出資しました。JFEスチールの合弁会社である同国初の一貫製鉄所FHS社と連携し、幅広く輸出を拡大する戦略を持ち、さらなるビジネスの拡大・創出に努めています。

国内鉄鋼事業

国内鉄鋼事業

原材料事業

  • 原材料事業
  • 原材料事業
  • 原材料事業
  • 原材料事業

鉄鋼の原料となる鉄鉱石や石炭などを、
世界各国の産出国から輸入し、
安定供給を推進しています。

鉄鋼の原料となる鉄鉱石や石炭などを、世界各国の産出国から輸入し、安定供給を進めています。また、中国・韓国、インド、タイ、ベトナム、など世界の高炉各社への取引拡大に取り組むとともに、資源開発プロジェクトにも積極的に参画しています。その中心となるのは、オーストラリア。同国の石炭開発プロジェクトへの投資を通じて、年間100万トンレベルの石炭を確保し、JFEスチールをはじめとする国内外の鉄鋼メーカーや電力会社に提供しています。資源開発と並行して、カナダやインドネシアといった仕入れソースの拡大にも注力しています。また、鉄鉱石についてもオーストラリア、ブラジル、インドなどの資源国から日本への輸入を確保する一方、三国間取引にも積極的に取り組んでおり、中国をはじめとする海外の鉄鋼メーカーへの販売にも力を入れています。非鉄分野では中国依存が高い合金鉄ビジネスにおいて、仕入れソースの分散化を図るために世界各国からの輸入拡大を進めると同時に、マレーシアでフェロシリコン製造ビジネスにも参画し、JFEスチールや電炉メーカーへの安定供給を担っています。さらに、リサイクル資源となる鉄スクラップや還元鉄など冷鉄源の三国間取引や、コークスなどの炭素製品の販売も拡大しています。
JFE商事の原材料ビジネスは、競争力のある資源を世界各地の産出国から輸入し、世界中のメーカーへ安定供給できる強みを生かし、存在感ある企業へと成長しています。

COLUMN
主要原料の安定供給、
販売確保のために積極的に権益投資も
製鉄の主要原料の石炭や鉄鉱石等の主要原料の安定供給のための販売。権益投資はもちろんのこと、鉄鋼商社ならではの強みを活かして、製鋼プロセスには欠かせないフェロシリコンやコークスの仕入れ・販売を強化しています。

原材料事業

資機材事業

  • 資機材事業
  • 資機材事業
  • 資機材事業
  • 資機材事業

世界各国のプラントへ生産設備や
資機材を販売しています。

国内外の製鉄メーカーなどに、生産設備やその設備を稼働させるための資機材を調達・供給しています。現場に密着した営業体制を強みに、製鉄所向け機材の分野では、製銑・製鋼設備の上流工程から圧延・表面処理・出荷設備までを取り扱い、さらにそのメンテナンス用機械部品、金属加工製品などまで幅広く取り扱っています。顧客のニーズをしっかりと把握し、国内外の関連会社と協力体制を敷いたきめ細かなコーディネート力は、東南アジア・ブラジルといった国々への新たな取引拡大につながっています。さらにインドにおいては製鉄ライン建設の一大プロジェクトにも取り組むなど、JFE商事の活躍の場は広がってきています。

COLUMN
インドの製鉄プラント建設に資機材を供給。
製鉄関連ビジネスで培ったノウハウを活かし、インド・ビジャヤナガールの大手鉄鋼会社であるJSWスチールのプラント建設に参加。資機材の納入で実績を上げました。その後、電力発電所への設備販売を強化し、複数の電力会社への設備の販売を実現しています。

資機材事業

PAGE TOP