ニュース

鋼板加工センター KSPCが「ISO 14001」を取得

2004.09.15
当社グループ会社で、鋼板加工センターの KSPC(KAWASHO STEEL PROCESSING CENTRE SDN. BHD、所在地:マレーシア、取締役社長:矢崎 一博)は、環境マネジメントシステム(EMS)の国際規格「ISO 14001」の認証を2004年9月2日に取得しました。審査登録機関は「LLYOD”S REGISTER QUALITY ASSURANCE(LRQA) KUALA LUMPUR」、対象となる事業所は「事務所及び工場」、適用範囲は「鋼板のスリット、シャー、ブランキング及びEIコア、モーターコアのプレス、焼鈍」 です。(認証番号:197045)

同社は昨年3月9日にキックオフを行い、認証取得推進チームを編成、全社一丸となって努力してまいりました。共通の目標に向かって、全従業員が活動してきた成果が実り、一回目の監査で合格しました。
KSPC はマレーシアにある鋼板加工センターで、主に電磁鋼板、薄板3品のスリット、シャー、ブランキング及びプレス・焼鈍加工をしています。今年は年初から主要 取引先のエアコン、冷蔵庫用コンプレッサー、ブラウン管の生産が好調に推移してきたこともあり、1月-8月の月間平均販売数量は7,900トン(昨年同期 比+1,400トン)となっています。
今後は、環境保全活動の観点からコストダウン、資産圧縮などの経営施策を実施していきます。当面はISO運 用を定着させることに注力しますが、ISOのノウハウ(原因分析および対応策の策定とスケジュール化、対応策の評価と是正処置、責任所在の明確化、業務の 標準化と文書化など)を安全管理にも取り入れ、より一層社員の安全衛生面にも配慮した企業活動を展開していきたいと考えています。

■KSPC(KAWASHO STEEL PROCESSING CENTRE SDN.BHD)概要

(1)本社
PT 5021 Jalan 27/97 Section 27, Hicom Industrial Area,40400 Shah Alam, Selangor Paurl Ehsan, MALAYSIA
TEL:60-3-5191-1125

(2)設立
1989年12月

(3)事業内容
鋼板加工業(スリット加工、プレス・焼鈍シャーリング、受託加工他)

(4)資本金
授権資本  M$11,083,334
払込済資本 M$11,083,834

(5)取締役社長
矢崎 一博

(6)従業員数
209名

(7)主要設備
【本社工場】
敷地:15,862平米、建物8,771平米
大型スリッター 2台   小型スリッター1台   巻き直し    1台
レベラーシャー 1台   ミニレベラー 2台   ギロチンシャー 1台
スーパーカッター 3台   125トンプレスモーターコア 2台
80トンプレスモーターコア用 6台   80トンEI用 1台
60トンEI用 1台   45トンEI用 2台    25トンEI用 5台
EIコア用溶接機 2台   ローラーハース式連続焼鈍 2台
ブランキング500トン 1台
【倉庫】
敷地:19,300平米、建物:4,410平米

(8)売上高
179,259千M$(2003年度)