ニュース

鋼板加工センター KAWARINが「ISO 14001」を取得

鋼板加工センター KAWARINが「ISO 14001」を取得
2004.09.22
当社グループ会社で、鋼板加工センターのKAWARIN ENTERPRISE PTE LTD(所在地:シンガポール、取締役社長:林 勝三)が、2004年8月20日に環境マネジメントシステム(EMS)の国際規格「ISO14001」の 認証を取得しました。審査登録機関は「LLOYD”S REGISTER QUALITY ASSURANCE(LRQA) SINGAPORE」で、対象となる事業所は「事務所及び工場」、適用範囲は「鋼板のスリット・シャー、トランスフォーマー及びモーターコアの打ち抜き、 鋼材の購買」です。(認証番号:第190049号)

同社は2002年に品質マネジメントシステム「ISO 9001:2000」の認証取得で培ったノウハウを活かし、2003年10月1日にキックオフを行い、認証取得推進チームを編成、全社一丸となって努力し てまいりました。経営陣、事務所及び工場スタッフともに、環境保全活動に対する理解を深めるための講習を実施し、また社内環境監査活動を定期的に行い、本 番では初回監査で無事承認取得となりました。今回の取得は、全社員が共通の目標に向かって努力した結果といえます。

1975年に川鉄商事 とJACKRIN社の合弁事業として誕生した同社は現在、主要設備に大型スリッター2台、大型レベラーシャー2台などを有し、月間7,000トンの薄板を 主に電化製品や精密機器向けに加工販売しています。今年は特にミニコンポやホームシアターシステム向けトランンスフォーマー、冷蔵庫用コンプレッサー、 OA/FA機器用モーターのお客様への販売が好調となっております。

今後は、環境保全活動の観点からコストダウン、資産圧縮などの経営施 策を実施して参ります。当面はISO運用を定着させることに注力しますが、ISOのノウハウ(原因分析および対応策の策定とスケジュール化、対応策の評価 と是正処置、責任所在の明確化、業務の標準化と文書化など)を安全管理にも取り入れ、より一層社員の安全衛生面にも配慮した企業活動を展開していきたいと 考えています。

以上

■ KAWARIN ENTERPRISE PTE LTD 概要
1:本社
144 Gul Circle, Jurong, Singapore 629603, R. of Singapore
TEL:65-6861-5508 FAX:65-6861-3141

2:設立 1975年4月21日

3:事業内容 鋼材加工業
スリット加工(電磁鋼板・冷延鋼板・表面処理鋼板・ブリキ)
プレス・焼鈍(電磁鋼板)
シャーリング(ブリキ・表面処理鋼板)
その他   (各種鋼板・スクラップ)

4:資本金 授権資本 S$10,000,000

5:払込済資本 S$4,580,000

6:取締役社長 林 勝三

7:従業員数 105名

8:主要設備
【敷地面積】24,147.4平米
【工  場】10,199.0平米
【主要設備】
大型スリッター:2機   小型スリッター:2機
200tプレス:1機   80tプレス:3機
60tプレス:3機   40tプレス:1機   30tプレス:1機   25tプレス:5機
20tプレス:1機   1t焼鈍炉:12機   大型レベラーシャー:1機   ミニレベラーシャー:1機
4″x 8″レベラーシャー:1機   スーパーカッター:1機
10t天井走行クレーン:8機   5t天井走行クレーン:5機
3.2t天井走行クレーン:5機   巻揚げクレーン:10機
円筒研磨機:3機   フライス盤:1機
平面研磨機:3機   旋盤:3機

9:売上高 88,227(千S$)(2003年12月期)