ニュース

タイにおける鋼材加工センターの設立について

2010.06.25

JFE商事株式会社
 JFE商事(社長:福島幹雄)と、Summit Corporation Ltd(社長:Sunsurn Juangkool、本社:タイ王国サムットプラカーン県)は、合弁にて、タイ南東部ラヨーン県ヘマラート・イースタンシーボード工業団地内に、自動車対 応を中心とした鋼材加工センターである「STEEL ALLIANCE SERVICE CENTER Co.,LTD(SASC)」を設立することとい たしましたので、お知らせします。新会社の資本金は385百万タイバーツ(約11億円)で、出資比率はJFE商事グループが70%、サミットグループが 30%となります。
タイの自動車生産は、リーマンショック後、一時的に落ち込みましたが、09年末からの生産回復が顕著であり、タイ工業連盟が2010年6月17日に発表 した2010年生産見通しも08年比8%増の150万台と過去最高水準となっています。また、タイでは、政府が推奨するエコカープロジェクトにより、新規 メーカーの進出も相次いでおり、今後も更なる拡大が見込まれます。
タイ南東部は、自動車メーカーや部品メーカー等、自動車関連産業の集積地であり、今後大きな需要が見込まれます。当社としてもかかる需要を確実に取り込 むべく、当地に自動車対応を中心とした加工センターを設立することといたしました。JFE商事は中国で5ヵ所、シンガポール、台湾、タイ、マレーシア、インドネシア、フィリピン、ベトナム、メキシコでコイルセンターを展開しており、今回のタイでの新設(タイでは2箇所目)を合わせ、海外で14ヵ所となります。新鋼材加工センターの概要

(1)会社名 STEEL ALLIANCE SERVICE CENTER Co.,LTD.(SASC)
(2)所在地 タイ王国ラヨーン県ヘマラート・イースタンシーボード工業団地内
(3)資本金 385百万タイバーツ(約11億円)
(4)株主 JFE商事グループ 70%(JFE商事44.9%、タイJFE商事25.1%)
サミットグループ  30%(サミットコーポレーション25%、他5%)
(5)総投資額 約20億円
(6)代表者 当社より派遣予定
(7)従業員 稼動開始時約35名
(8)規模 土地 : 78,080m2(内、建屋9,980m2
(9)主要設備 スリッター1基、ミニレベラー(オシレート・ロータリーシャー)1基
(10)加工能力 6,000トン/月
(11)稼働開始 2011年4月予定

(参考)サミットコーポレーション(サミットグループ)の概要

(1)所在地 タイ王国サムットプラカーン県
(2)創業 1972年
(3)社長 Sunsurn Jurangkool
(4)事業内容 自動車部品製造、鋼材加工業等
(5)グループ企業数 約30社
(6)グループ従業員数 約1万人
(7)グループ年商 約20,000百万バーツ