ニュース

「第17回川商TA販売店会総会」を開催

2004.07.06
当社テールアルメ営業本部は2004年6月24日(木)、横浜ロイヤルパークホテルで「第17回川商TA販売店会総会」を開催し、全国から86社124名の会員が集まりました。
今回はテールアルメ工法が日本に導入されて30周年になる記念すべき総会となりました。総会では、同会会長の石田良樹氏(旭コンクリート工業(株)社長 (現相談役))、当社・成木宏雄社長、フレシネ社C.E.O ブルーノ・デュペティ代表、山本茂樹テールアルメ営業本部長の挨拶のほか、新会員の紹介、議 事、表彰式、支部会活動報告に引き続き、フレシネ社 グラハム・シムキン氏による日本導入後30年を振り返っての講演も行われました。
当社・成木社長は挨拶の中で、「メーカーである川商は、この販売店会を繁栄、普及させるという重い責任を負っている。そのために、川商としてはあらゆる部 分で競争力を付けることが必要であり、市場規模が小さくなっても勝ち残れるために、しっかりとやらなければならない。10月1日にはNKKトレーディング と統合になり、JFE商事が発足するが、企業基盤の拡大、収益の増大、企業価値の向上を目指す」と話されました。
またテールアルメ事業の方針について山本・テールアルメ営業本部長は、「今年度の方針は、顧客満足をキーワードに、シェアアップ目指して競争力を強化する こと。もう一つは将来に向けて、道路以外のマーケットを開拓すること。新規マーケット開拓については、橋台テールアルメと新製品に取り組んでいる。今年度 の目標達成に向けて、30年前の同工法導入当時の熱意を、営業マン一人一人が持って取り組むことが必要だ」と話されました。
テールアルメ営業本部では、引き続き全国の販売ネットワークである川商TA販売店会を通じて、補強土工法「テールアルメ工法」、アーチカルバート工法「テ クスパン工法」、緑化テールアルメ工法「テラヴェール」の3工法の普及拡大を図っていきます。

関連リンク:http://www.terrearmee.com/